分子栄養学

ビタミンB1×ストレス

更新日:

ビタミンB1と言えば別名『チアミン』と呼ばれる水溶性のビタミンです。

『糖質』や『脂質』の代謝、『疲労回復』では有名ですが、【精神的ビタミン】とも呼ばれるほど『神経系』や『精神状態』に良い影響を与えるのもビタミンB1です。

ビタミンB1が不足すると...

◆食欲不振
◆倦怠感
◆手足のしびれ
◆むくみ
◆動機
◆子どもの成長(低身長)
◆消化不良(特に炭水化物)
◆下痢
◆乗り物酔い
◆集中力低下
◆精神不安
◆イライラ
◆帯状疱疹になりやすい
◆代表的な欠乏は【脚気】

ビタミンB1が不足する原因として...

◆甘いものが好きな方(砂糖)
◆アルコール好きな方
◆炭水化物好き
◆タバコ
◆添加物の多い食事(調味料も要注意)
◆加熱調理が多すぎる食事
◆カフェイン
◆薬(ピル、抗生剤、胃薬)
◆妊娠中・授乳中
◆過労・ストレス・不安
◆ベジタリアン
◆肥満

があげられます。

もう少し詳しく知りたい方は下記のさとまりnoteをチェック❣️
-さとまりnote-

◆日本では1910年鈴木梅太郎が米糠から発見
◆自閉症、ADHD、精神疾患、うつではかなりのB1欠乏を予測
◆多くの重金属排泄に使われる

-分子栄養学

Copyright© satomari blog , 2022 All Rights Reserved.