Article 分子栄養学

眼×ビタミンA×妊娠

更新日:

目の健康にも欠かせないのがビタミンA。 

乳幼児で不足した場合は、角膜乾燥症から失明に至る場合もあり、また免疫システムが正常に機能せず感染症にかかりやすくなる可能性もあります。

成長期の不足は、骨や神経が発達できず成長障害を引き起こす可能性があります。

成人の不足は、暗いところでの視力が低下する夜盲症に注意です。
※視力回復にもビタミンA +亜鉛必須!

上記のように、ビタミンAは胎児の発達には欠かせません。
また体内合成ができない為、母体から胎盤を通して胎児に供給されます。
母親の栄養状態がとても大事です。
妊娠前から、ビタミンAをしっかりストックできる体づくりをしていきましょう!

もう少し詳しく知りたい方は下記のさとまりnoteをチェック❣️

-さとまりnote-
◆ビタミンAの役割〜妊娠〜
①胚発生(受精卵から成体)
②胎児の発育・臓器形成
③正常な免疫機能
そして、
④『眼の発達、視覚』に重要
※ビタミンAは胎児の発達に必須
でも体内合成はできない
母体から胎盤を通して胎児に供給される
だから!
母親の栄養状態がとても大事!
(できれば妊娠前から!)

◆眼とビタミンA
・粘液をつくり、目を乾燥から守る
・角膜を修復

※不足すると
・日中の光が眩しく感じる
・細菌やウィルスが侵入しやすくなる
・乳幼児の極端な欠乏は、角膜乾燥症から失明に至ることもある

◆ビタミンAと亜鉛
・亜鉛は血液中のビタミンAの量を正常に保つ
(肝臓にストックされたビタミンAを取り出す)
※視力回復に亜鉛は欠かせない!

-Article, 分子栄養学

Copyright© satomari blog , 2022 All Rights Reserved.