分子栄養学

ビタミンB3×知覚過敏

更新日:

人格に関わると言われているのがビタミンB3。
別名ナイアシンとも呼ばれます。

【ビタミンB3の役割】としては、
◆糖質・脂質・タンパク質代謝
◆胃腸障害の予防
◆偏頭痛の予防
◆メニエール症候群を改善
◆口腔・唇の潰瘍を治す
◆口臭を防ぐ

ビタミンB3の欠乏の裏には、B1・B2の欠乏が重なっていることがほとんどです。

ビタミンB3欠乏のわかりやすい症状として歯科であげられるのが、

【虫歯じゃないのに】
【知覚過敏】【歯がしみる】

これがビタミンB3の補給で治る場合が多々ありますもう少し詳しく知りたい方は下記のさとまりnoteをチェック❣️
-さとまりnote-
◆ビタミンB3は体内で合成できるビタミン
◆タンパク質(トリプトファン)から作る

-分子栄養学

Copyright© satomari blog , 2022 All Rights Reserved.